TOPリメイク研究室染めたんだけど・・・

染めたんだけど・・・
カテゴリ:リメイク研究室
テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用
風呂敷、染めたんだけど・・・なんかイマイチ。
厚手のシーチングだからかなぁ、特に右上のが変。
次は薄手の綿ローンの生地にしようかなぁ。

染め

でも、染物ってやめられません♪


今日、こんなことが・・・実は、最近彼氏が出来た私、うふ。
県外の人ですが、こちらで仕事を探したいけど住むところがないというので我が家に居候してました。

それを聞いた元旦那、なんと朝の6時半に奇襲攻撃をかけてきたんですよ。
「男を出せ!不法侵入だ!警察呼ぶぞ!!」

返してもらったはずの玄関の鍵、合鍵を作ってたんでしょうね、音も立てずに玄関を開け、居間のドアを突然あけてそう叫んで入り込んできたんです。どっちが不法侵入やねんっ

元旦那の主張は、この家は俺の不動産の管理物件だ、住んでいいのは私と子供二人だけだ、それ以外は不法侵入だ!ですと。

だいたい私の彼、居候はしてるけど住んでないし。住民票とか移してるならまだしも、それで不法侵入呼ばわりされたら私も子供たちも友達呼べないジャン。

私ね、元旦那が家のローンの繰上げ返済をしたいと言うので約90万差し上げました。それ以外にこれまでの3年分の家賃を払えと脅迫してきました。法的手段使って強制退去させるぞと、やくざやさんまがいの事までおっしゃって。

そして元旦那の一番の言い分、それは「俺は子供たちを守るために来たんだ!」確かに子供たちは、知らない男性が居候していることにたいして落ち着かないと言っていたのはわかっていました。

ナイーブな彼と、居心地が悪い子供たちを強制的に同じ空間に居させる事はしないようにと、子供たちは実家に夕飯食べさせてもらったりしていました。ゆっくりとなじんでいくようにと。それを「育児放棄だ!子供を引き取るぞ!」と。

確かに元旦那の言い分もわかります。

一番悪いのは私です。誰もが賛成などするはずもなく、私たちの味方は一人もいません。
やっぱりこうなったか、と。


でも、小6の多感な娘が言ったこと、「パパは私たちを守るために来たって言ったけど、ケンカするなら私たちが居ないときに来てよね」だって笑

元旦那に、パパの方に来るか(親権とか)と聞かれたみたいだけど、娘は「私は行きたくない」と私にはっきり言いました。

息子の前で母親を「バカ女」と言い放った元旦那。息子はどう思ったんでしょう?

これが元旦那の主張する、子供を守ることなんでしょうか。。。


いずれ事が大きくなれば、私たちはこの家を追い出されてしまうでしょう。むしろその方が、元旦那との縁をすっかり断ち切れるかもしれません。子供にとっては父親でも、嫌われてしまえばそれでおしまいよね。


弱い者ほど法律をたてにしてくるものだな、とつくづく思いました。


私たちは、ショックなど受けていません。むしろ元旦那の哀れさが増しただけでした。
離婚してよかった。


私たちが元旦那の言いなりになってこの家を離れたとしても、それは元旦那の勝ちではなく、縁が切れるだけ。


本当にかわいそうな人・・・二度と関わりたくないわ。



面倒な話ですみません^^







Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |