TOP未分類救急車初体験

救急車初体験
カテゴリ:未分類
テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体
気がつけば、救急車の中でした。
足元には不安そうな母の顔。横にはヘルメットをかぶった救急隊員。
私に「今日は何月何日かわかりますか?」「名前は?」「生年月日は?」「今、何してたかわかるかな??」と、心電図や血圧や酸素飽和度を見ながら質問してきました。天井や壁にはいろんな器具。ストレッチャーに巻きつけられている自分。

「○○病院は今診察中です」「××病院は受け入れOKです」なんてやり取りとサイレンの音を聞きながら、ガソリンスタンドまで何キロも続く渋滞の車をかき分け、救急車は走っていきました。

そう、私、初めて救急車に乗りました。

東日本大震災の余震もさめやらぬ3月14日、そう、前回の記事を書いてその後の昼過ぎの事でした。

仏間の割れたガラスを掃除していた母が、ふすまの向こうが何やら騒がしいのに気がつき開けてみると、なんとそこには。

布団に倒れ込み、白目をむいて口からは血を流し、手足を硬直させ痙攣している私がいたそうです(こわい???)!!


最初に気がついて騒いだのは嫁さん、そして子供たちはぎゃーぎゃー泣くし、母は私が死んだと思って心臓マッサージやら口に割り箸やぬいぐるみを突っ込もうとするわ、泣きながら救急車を呼んだそうです(汗)


やがて5分くらいして救急車が到着し、その中で私は目を醒ましました。最初、何がなんだかわからなかったし、地震の事もあんまり覚えてなかったみたい。。。。


母に付き添ってもらい救急病院へ。そのまま頭部のCTを撮りましたが異常なし。
舌をかんで出血したらしい。。。実は12?3年前にたった一度だけ似たような事が起こったんだけど、一人で倒れて一人で目を覚ましたのでそのまま何もせずにいました。そのときはもっと深く舌を切ったらしいけど・・・

医者は「てんかんですね」え!?なにそれ!?

聞いたことはあるけど、まったく寝耳に水・・・・・何なの!?こわい!


「本当は入院してもらいたいけど、地震の影響でベッド空いてないから・・・」とすぐに帰されましたが。。。


なんか知らないけど、母に意味なく叱られまして。。。そうとうびっくりしたみたい。私もよ。



実は前触れがあったんです。台所に立ってたら、両方の目の前に超キレイな光がキラキラ。赤青緑。。。
それがくるくる回りながらだんだん大きくなっていきました。直感的に「なんかコレやばいかも!」と感じ「お母さん!!」と走って行ったふすまの前でぶっ倒れたそうです。


調べてみると、発作には寝不足とストレスがかかわっているようで(どんな病気もだけど)薬を飲み続けるのが効果的だとか。たしかに今回、虫歯の痛みと強い余震のせいでほとんど眠れなかった。日中も、小さい子がいたりしてピリピリしてた。

前回の時も、前の日一睡も出来なくてそのまま日中まで起きていたのを覚えてます。


聞けば、「あら、私もよ」とか「うちの娘もよ」とか「口を開けるときはこうするといいのよ」とか、あちこちから。

でも舌をかむのは痛い><

Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿















管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |